2013年 05月 24日
♪♪ この空を君にあげるよ

     
006.gif ......              ......


君のお誕生日には何も
あげられなかったけど
それでもいいって
笑う君の顔が
素敵だった

ありがとう
そんな優しい君に
煌めく朝
この空をあげるよ

キラキラ空気さえも
輝いて頬をよぎる
気持ちがいいね
せいいっぱい
深呼吸する君
抱きしめたい
心から
そう思ってる

         ......

君のお誕生日が過ぎて
また一つ年を重ねた
仕方がないねって
つぶやく君を
抱きよせた

ここにいるよ
目の前にいつも
二人の朝
この空をあげるよ

ラララ・・手の中で夏が
汗を拭いてる
ほら君の頬にも
光ってるよ
背伸びする君
支えてあげたい
心から
そう思ってる

         ......

来年もまた
通り過ぎて行くだろ
そっと目の前を
今度こそ
祝いたいね
二人で
こんな空のしたで
この空を君にあげるよ


012.gif.....
 ......   B y    シ ゲ  

      
                   
......

by ninja9rs | 2013-05-24 07:02 | 俺の詩(main/poem) | Comments(2)
Commented by カミカワ at 2013-05-24 22:13 x
若い頃、「想い出に残るものがいい」と言ったら『あの満天の星たちが僕から君への贈り物』と言った彼。
今なら「もともとお前の夜空かいッ」と突っ込みを入れられる図々しさが身に付きましたが(笑)、当時は嬉しかったですね。
シゲさんの「あげるよ」はまた意味合いが違うのでしょうが、ロマンティストですね。
Commented by ninja9rs at 2013-05-24 23:02
カミカワさん^^ こんばんは...
我儘なブログにようこそです。。\(✻^-^✻)/pv

カミカワさんが若い頃に言われた
>『あの満天の星たちが僕から君への贈り物』

二人で一緒に見ていたから、贈り物にできたのでしょう。
二人だけの想い出として ! !

>シゲさんの「あげるよ」はまた意味合いが違うのでしょうが

誰のものかは別にして、今目の前にある。
このままずっと二人でいられれば・・と言う願望、願い、
それが「この空を君にあげるよ」って表現になってしまいました。。


<< ♪♪ 2013. 6 花時計      ♪♪ 壁の向こう側  >>