カテゴリ:白鹿記念酒造博物館( 1 )

2012年 08月 27日
♪♪ 百薬の長 Page 3


 の 白 鹿

 節 の も て な し


✻  ✻  ✻


                              


            

公 益 財 団 法 人
a0068035_11343428.jpg



清 酒 業 界 も 近 代 化 が 進 む 中 で 、近 年 昔 な が ら の 酒 造 り に 触 れ る と いう 事 は

難 しく なって き ま し た 。

そ れ と 同 時 に 酒 に 関 す る 資 料 も 姿 を 消 し つ つ あ り ま す 。

「 黒 松 白 鹿 」 醸 造 元 の 辰 馬 本 家 酒 造 株 式 会 社 は 、

日 本 人 の 生 活 文 化 遺 産 で あ る 酒 造 り の 歴 史 を 後 世 に 正 し く 伝 え て い く 事 を

目 的 と し 、創 業 3 2 0 年 に あ た る 昭 和 5 7 年 ( 1 9 8 2 年 ) に

白 鹿 記 念 酒 造 博 物 館 を 設 立 。

【 酒 蔵 館 】 と 【 記 念 館 】 で 構 成 さ れ た 博 物 館 を 開 館 し ま し た 。

し か し 平 成 7 年 ( 1 9 9 5 年 ) の 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 で は 【 記 念 館 】 は 残 っ た も の の 、

レンガ造りの【酒蔵館】は全壊してしまいました。

現 在 の 【 酒 蔵 館 】 は 江 戸 時 代 末 期 の 火 災 を 経 て 明 治 2 年 ( 1 8 6 9 年 ) に 、

復 旧 し 昭 和 2 0 年 の 戦 火 も 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 で の 倒 壊 を も 免 れ た 酒 蔵 で 、

辰 馬 本 家 の 本 蔵 と 呼 ば れ て い た も の で す 。

震 災 3 年 後 の 平 成 1 0 年 に 「 明 治 の 酒 蔵 が 帰 っ て き た 」

を コ ン セ プ ト に 復 興 し ま し た。


(白 鹿 酒 造   H . P 参 照)



記 念 館 正 面 入 り 口
a0068035_1150259.jpg

a0068035_11544046.jpg

a0068035_11572054.jpg



杉の葉でつくられた「酒林」です。

江戸時代から酒店の軒につるされ看板として用いられてきた酒林は、

「酒(さか)箒(ほうき)」が訛(なま)ったものといわれており、

箒(ほうき)には「憂さを酒で掃く」意味がこめられています。

白鹿では毎年社員が酒林をつくり、年の瀬には杉の香ただよう新しい酒林がお客様をお迎えします。


(白 鹿 酒 造   H . P 参 照)



エ ン ト ラ ン ス ホ ー ル

a0068035_12507.jpg

a0068035_1261657.jpg

a0068035_127046.jpg

a0068035_1273829.jpg

a0068035_1282040.jpg

a0068035_1294746.jpg

a0068035_12115015.jpg



酒 資 料 展 示 室

a0068035_21581350.jpg

a0068035_21585536.jpg

a0068035_2159158.jpg



企 画 展 示 室

a0068035_2212615.jpg

a0068035_229545.jpg

a0068035_2211305.jpg

a0068035_2292590.jpg



笹 部 さ く ら 資 料 室

a0068035_22184727.jpg

a0068035_22185470.jpg

a0068035_1252118.jpg



a0068035_222367.jpg



a0068035_22255738.jpg

a0068035_2225321.jpg

a0068035_22293753.jpg

a0068035_2232267.jpg

a0068035_22304769.jpg

a0068035_22335397.jpg

a0068035_22341349.jpg



板 石 道

a0068035_22381198.jpg

大 八 車

a0068035_22391241.jpg



昔、西宮の路地は高い酒蔵で両側が迫っていたため、

暗く狸がよく出たそうです。その中を、宮水を運ぶ大八車が行き来しました。

この大八車が走りやすいように石をレール状に敷き、その道は港へとつながっていました。


(白 鹿 酒 造   H . P 参 照)



a0068035_23384618.jpg

a0068035_23391021.jpg

a0068035_8283586.jpg

a0068035_23391985.jpg

護 美 箱

a0068035_8374379.jpg



酒 蔵

a0068035_23432154.jpg

a0068035_83557.jpg

a0068035_23452846.jpg

a0068035_23454320.jpg

a0068035_23473522.jpg



会 所 部 屋 

a0068035_2348912.jpg

a0068035_2348176.jpg



蔵人が炉を囲んで食事をしたり、休憩する場所です。

部屋の中央に囲炉裏があり、暖房のほか湯茶や汁物などを煮るのに利用しました。


(白 鹿 酒 造   H . P 参 照)



麹 室

a0068035_2355852.jpg



a0068035_2356549.jpg

a0068035_2357962.jpg

a0068035_23574332.jpg

a0068035_2358032.jpg

a0068035_23585325.jpg



a0068035_23594987.jpg

a0068035_23595870.jpg



a0068035_05587.jpg

a0068035_062286.jpg

a0068035_0182243.jpg

a0068035_063469.jpg



a0068035_065755.jpg

a0068035_071262.jpg



a0068035_084755.jpg

a0068035_09615.jpg



a0068035_093175.jpg



阿 弥 陀 車

a0068035_0112698.jpg



a0068035_8593610.jpg

a0068035_8594910.jpg


施 設 名

公益財団法人 白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

住 所

〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町8-21

電 話

0798-33-0008

F A X

0798-32-2790

E - m a i l

sake-museum@hakushika.co.jp

開 館 時 間

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休 館 日

火曜日(祝日の場合は翌日、連休に含まれる場合は連休明け休館)、年末年始・夏期休暇

入 館 料

一般400円、中・小生200円(団体割引/20人以上2割引)
※特別展は別料金
※記念館、酒蔵館は共通券になっています。


駐 車 場

有り(無料)

a0068035_22593495.jpg

2012. 8. 27 (MON) 058.gif sige

I  am  here

a d i e u






by ninja9rs | 2012-08-27 12:12 | 白鹿記念酒造博物館 | Comments(0)