カテゴリ:白鶴 酒造資料館( 1 )

2012年 08月 22日
♪♪ 百薬の長 Page 2

                              


             

a0068035_20452338.jpg

         白 鶴 酒 造 資 料 館         

a0068035_20493439.jpg


                        


a0068035_20542859.jpg

a0068035_20544431.jpg

a0068035_20554512.jpg

a0068035_2056060.jpg

             

a0068035_20572161.jpg

a0068035_22211881.jpg

a0068035_20573539.jpg

a0068035_20575186.jpg


             

阿 弥 陀 車

八角形の車輪と車軸で構成されていて 形が阿弥陀如来像の光背に見ている事から呼ばれる

わずかな力で重量物を上げ下ろし出来るので 大きな桶を上げたり下したり 

酒槽の撥棒を吊り上げる時などに使用される


a0068035_2184829.jpg

a0068035_2191339.jpg

a0068035_21105654.jpg

a0068035_219518.jpg

a0068035_21112065.jpg

a0068035_2111377.jpg

             

甑 取 り

甑靴を履き 大分司を手にした堀手が もうもうと蒸気の立つ甑の中に入り 蒸米の取り出しが始まる

休座(休台)へ上がった取手(補助役)から 蒸米を受け取った飯担ぎが急な階段を駆け上って

放冷場へ走る

堀手と取手 取手から飯担ぎへと活気に満ちた早朝の流れ作業が進められてゆく


a0068035_21223749.jpg

a0068035_2122496.jpg

甑 靴

a0068035_21235661.jpg

             

酒 造 道 具

a0068035_21293293.jpg

精 米

a0068035_21304539.jpg

             

a0068035_2132443.jpg

a0068035_2133056.jpg

a0068035_229284.jpg

a0068035_21335740.jpg

a0068035_2134946.jpg

             

西元 摺 り

2人の蔵人が桶の中に櫂(もとすり棒)をつけて 麹と蒸米をかきまぜ、酒母を作る作業を行っている

西元仕込みは、はじめは3人がかり、作業が進むと2人がかりで行われました


a0068035_2142576.jpg

醪 仕 込 み

醪の仕込みは 原則として添 仲 留 の三段仕込み 

予定の発酵を得た醪は 仕込み桶に汲み出し 担い桶で小出桶へ移します


a0068035_21422049.jpg

a0068035_21423420.jpg

放 冷

蒸米は 添 仲 留 もと 麹 用に区分し それぞれの放冷場で冷やします

飯冷やしにもルールがあって 筵に移した蒸米をまず釜屋が 両端から一本筋を描き 

二回目に二本 三回目に三本と冷却を均等に行うために繰り返して行う


a0068035_21445361.jpg

麹 取 込 み

麹は室と呼ばれる高温多湿の特別な部屋でつくられ 品質の良い麹菌を均等に繁殖させるため 

2~3時間おきに蓋打ち 仲仕事 仕舞仕事と続け麹の積み替えを二回行う


a0068035_2157534.jpg

樽 詰

清酒は 厳選された吉野杉の四斗樽に詰め 銘柄商標を入れた藁菰を樽に巻き

とじ縄をかけ菰冠樽にして出荷します


a0068035_22161457.jpg

             

a0068035_22172798.jpg

a0068035_22263471.jpg

a0068035_2227952.jpg

             

a0068035_22283499.jpg

a0068035_22285253.jpg

a0068035_2230939.jpg

a0068035_21422517.jpg

             

a0068035_22313816.jpg

a0068035_22342881.jpg

a0068035_2231575.jpg


2012. 8. 17 (FRI) 058.gif sige

I  am  here

a d i e u






by ninja9rs | 2012-08-22 20:58 | 白鶴 酒造資料館 | Comments(2)