カテゴリ:Tokyo Copywriters( 7 )

2013年 12月 06日
♪♪ 湖をみっつ越えて
Tokyo
     Copywriters
                Street

✻                ✻
                                        
a0068035_1214195.jpg

a0068035_12162183.jpg

a0068035_1215503.jpg

a0068035_1216108.jpg



   Thank  you  so  much    

    

   2013 11 24   

Tokyo Copywriters'

Street




by ninja9rs | 2013-12-06 00:19 | Tokyo Copywriters | Comments(0)
2012年 10月 23日
♪♪ 私がここにいる不思議
Tokyo
     Copywriters’
                Street

✻                ✻


                                        


a0068035_1402588.jpg


    

 



        

2 0 1 2 年   9 月  9 

   」


文  :  細  川 美 和 子

                                                   声 ・ 音楽  :  柴 草 玲




龍がみたい。
UFOがみたい。
妖精がみたい。
ネッシーがみたい。
ツチノコがみたい。
人魚がみたい。
妖怪とか幽霊だって
ちょっとだけみてみたい。
                こどものころから
                不思議に憧れていて、
                でもそんな不思議は
                わたしの人生には
                一度も起きたことはなかった。
                オーラを感じたりとか、
                予知夢を見たりとかも一度もなかった。
                霊感も奇跡もなにもない人生。
                つまらないな、と思っていた。
                                   でもこのまえ、
                                   夜中にコンビニで飲み物を買って、
                                   帰りにキラキラと光るアスファルトの上を
                                   歩きながら気がついた。
                                   今こうやって歩いている自分が
                                   一番不思議なんだって。
                                                   なんでこの宇宙で
                                                   今ここにわたしが生きていられるのか、
                                                   どんな科学もほんとうには
                                                   解明できてないんだって。
                                                                    わたしって超レアな生き物なんだよなあ。
                                                                    帰ったら、久しぶりにゆっくり鏡を見ようと思った。

T h a n k   y o u   s o   m u c h

0 1 p k 1

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t

w i t h 

細  川 美 和 子


004.gif






by ninja9rs | 2012-10-23 15:17 | Tokyo Copywriters | Comments(0)
2012年 06月 10日
♪♪ 平等
Tokyo
     Copywriters’
                Street
   
                                        
            ✽            





        

2 0 1 2 年   5 月  2 0 日




a0068035_10163967.jpg



 「 平  等 」


ストーリー  細 川 美 和 子 


新しく家族がふえた。

夜中に泣くし泣きやまないし

なんで泣いてるかわからないし

ミルク作るの大変だし

作っても飲んでくれないし

ばい菌とか殺菌とか気を使うし

耳掃除するのも爪を切るのも

お風呂に入れるのもいやがられるし

目を離したすきにへんなもの

口にしないか気になって気が休まらないし

なによりも、いとおしすぎて、おそろしい。


こんないとおしいものが

病気になったらどうしよう、

死なせてしまったらどうしよう、

そんな気持ちがこの先ずっと

一日も休まず続くのかと思ったら、おそろしい。

子供を愛しすぎてノイローゼになって

追いつめられてある日ふと、

育児放棄しちゃうようなお母さんの気持ちが、

なんだかすこしわかった。

っていったら、ともだちで最近

赤ちゃんを産んだひとに怒られた。

「猫といっしょにしないでよ!」って。

だっていとおしいんだもん。

いいじゃないか。
T h a n k   y o u   s o   m u c h

0 1 p k 1

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t

w i t h 

細  川  美  和  子



004.gif


by ninja9rs | 2012-06-10 10:34 | Tokyo Copywriters | Comments(0)
2012年 05月 09日
♪♪ 家出
Tokyo
     Copywriters’
                Street
   
                                        
            ✽            





      

2 0 1 2 年   2 月  1 1 日





a0068035_16415122.jpg


 「 家  出 」

ストーリー  岩 崎 亜 矢 

出 演     瀬 川 亮




母さんとケンカして、僕は家を出た。
勉強したくないとか、そういう子供っぽい理由ではない。
信念と名誉のために僕は家出したのだ。

ポケットの中には望遠鏡を買うために貯めていたお金が
たっぷりと入っているし、僕に迷いはない。

遠足の弁当、それがすべての原因だ。
あの日、熱を出し寝込んでいた母さんに変わって、
姉ちゃんと父さんが弁当を作ってくれた。
確かに、ヒドい弁当だった。

メインのおかずは紅生姜入りの炒り卵。
その隣には半分に切られたゆで卵。
そして、白いご飯の上には巨大な目玉焼き。
蓋を開けて僕は一瞬止まった。

その時、よりによって高橋が弁当をのぞき、
「岡田の弁当、卵だらけだぜー」とからかってきたのだ。
二人をけなされたような気分がして、
僕は気づいたら高橋の胸を両手で突いていた。
怒った高橋は、僕に強く体当たりした。
そのケンカはあっけなく先生に止められ、
たっぷりしぼられた。

互いに謝れと言われたけど、
僕は二人の名誉のために戦ったんだからと、ずっと口を閉じていた。
しかし学校から電話をもらった母さんは、
僕が家に帰るとすぐに頭ごなしに怒りだし、
高橋の家に行って謝ってこいと言いだしのだ。

そういうわけで僕は現在、家出中なのである。
しかし家出って、正直退屈だ。
その名の通り「家を出る」ということがゴールなので、
始めた途端にその目的が達成されてしまうからだろう。

最初はナベっちの家で遊んでたけれど、
「そろそろ夕飯だから」と帰されてからは、
こうやって公園でDSをしながら時間を潰している。
そうだ、僕も夕飯にしよう。

スーパー吉得に行って、コロッケを持ってレジに並び、
ポケットを探った。その瞬間、全身がヒヤッとした。
「ない…!」そこにあるはずのお金がないのだ。
レジのおばさんがじろじろと見てくる。
僕は慌てて吉得を出て、改めてポケットの中を探った。
やっぱり、大事なお金が消えている。

そういえば、商店街を歩いているときに
おじさんが強くぶつかってきたけれど、
あれはもしやスリだったのではないか。
望遠鏡代、いや、僕の大事な生活費が…。

あてもなく歩きながら、僕はグウグウと鳴るお腹をおさえていた。
すると突然、おいしいカレーの匂いが漂ってきた。
よだれを垂らしそうになりながらその家に近づくと、
窓の向こうの黄色い灯りの下でうっすらと人影が動いている。
人影はぜんぶで4つ。僕んちと一緒だ。
暗闇の中、その窓の周りだけが暖かいような気がして、
僕はそこを動けないでいた。

その時、自分の名前が呼ばれたような気がして顔を上げた。
道路の奥のほうで、細い灯りがゆらゆらと揺れている。
しばらくすると真っ暗闇の中から、「ぬっ」と母さんが現れた。
手には懐中電灯を持っている。ゆらゆら、ゆらゆら。

僕は信念も名誉も闇の中に放り出し、
その灯りへと猛ダッシュしていた。

T h a n k   y o u   s o   m u c h

ynakayama1118

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t  

w i t h 

岩  崎  亜  矢



004.gif


by ninja9rs | 2012-05-09 17:01 | Tokyo Copywriters | Comments(0)
2012年 05月 05日
♪♪ この駅で君と待ち合わせて 
Tokyo
     Copywriters’
                Street
   
                                        
            ✽            





    

2 0 0 8 年   7 月   4 日

   



a0068035_20441883.jpg

 「 こ の 駅 で 君 と 待 ち 合 わ せ て 」

ストーリー  一 倉 宏 


携帯電話が発明されて メールが発明されて 
人間たちは 携帯電話の鳴らない 
メールの着信しない 
さみしさを 発明してしまったんだね 

すこしまえ 留守番電話が発明されて 
用件のない日の さみしさが発明されたように
郵便さえ 手紙の届かない
さみしさ の発明だったかもしれない 

だから むかしがよかった というのではなく
こうして この駅で君と待ち合わせていることが 
僕は 好きだ 

それはきっと 変わらない 
誰だって こうして
現れるひとを待つことは 
現れるひとのいることは ただ 
むかしなら 10分でも20分でもへいきだった 

いまは 携帯電話のつながらない 
心配も 発明されてしまったから 
どうしたのかな まだ電車のなかなのだろう 
と思いつつ 待っている 

変わらない たとえ何が発明されたって 
もうすぐ 現れる君を待っている 
この人ごみに君を探す リアルな時間が
僕は好きだ 

ちょっと遅れて ちょっと心配して 
でも現れる きっとすぐに駆けてくる 
その確かさが 手をのばせば 
さわれる君の手をとって あるきだす 

あれこれ迷う 君の買いもの 君の気にいる 
そのシャツの そのてざわりや えりのかたち 
そういうことの ひとつひとつが 
かけがえのない 消去されない 
まいにちになる 

目の前にある てざわりのある時間の
ひとこまひとこまが 誰だって欲しいんだ 
ほんとうは
だから 
こうして この駅で
(…それにしても 遅いな)

T h a n k   y o u   s o   m u c h

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t

w i t h 

一  倉  宏



004.gif
 

by ninja9rs | 2012-05-05 21:12 | Tokyo Copywriters | Comments(2)
2012年 05月 04日
♪♪ 「パワースポット」
Tokyo
     Copywriters’
                Street
   
                                                     ✽

    

      

    

2 0 1 2 年   2 月   19 日

                        
                             
                                        

                              

a0068035_2254357.png

 「 パ ワ ー  ス ポ ッ ト 」

ストーリー  細川美和子 



その人と会った後は、
わたしはいつも運気がさがる。

しばらくは仕事がうまくいかないし、
物はなくすし、忘れるし、
電車のドアはことごとく目の前でしまるし、
なにもないところで転ぶし、
割り箸は変なふうに割れるし、
お風呂やトイレの電球が切れたり、
洗濯機や冷蔵庫がこわれたりする。

でもわたしは、その人に会うことをやめられない。

むしろせっせと
「今度いつ会えますか」
なんてメールを打ったりする。

そう、その人は、わたしの好きな人なのだ。

彼といるときわたしは
100パーセントしあわせだから、
それでいいのだ。

もしかしたらわたしは彼と会っているときに
一日分の幸運を使いはたしているのかもしれない。
そして翌々日の分まで借金したりしているのかもしれない。

のろけでは、ありません。

T h a n k   y o u   s o   m u c h

0 1 p k 1

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t

w i t h 

細 川 美 和 子



004.gif
 

by ninja9rs | 2012-05-04 22:52 | Tokyo Copywriters | Comments(2)
2012年 05月 04日
♪♪ 「 午 後 の 山 陰 本 線 出 雲 市 駅 〜 益 田 駅 」
Tokyo Copywriters’ Street



Tokyo Copywriters’ Street はコピーライターがつくる番組です。

2006年10月にTFMでスタートしたときは毎週金曜日の朝のワイド番組の1コーナーでした。
2007年の4月からは金曜17時50分からのミニ番組として独立し
2009年4月には木曜の21時20分の枠となり
2010年の4月には日曜25時50分の深夜番組にとさまざまな変遷をたどって
現在はネット配信のみを行っています。

メディアはネットのみ、予算は0円。
執筆者、ナレーター、スタッフ、多くのボランティアにささえられ
いわばいまがもっとも自由自在な時期だともいえます。

Tokyo Copywriters’ Street の原稿と音声は毎週日曜日の深夜に定期更新されます。
祝日の不定期更新もあります。お楽しみいただければ幸いです。

http://www.01-radio.com/tcs/about

    

      

    

2 0 1 2 年   3 月   4 日

                        
                             
                                        

                              



a0068035_11383524.jpg

 「 午 後 の 山 陰 本 線 出 雲 市 駅 〜 益 田 駅 」



ストーリー  井田万樹子


ガッタンゴットン がったんごっとん
おばあさん2人 ゆっくり揺れる
ジャージ姿の中学生 
作業服のおじいさん
日焼けしたおばさんも
ガッタンゴットン ゆっくり揺れる

いつのまにか 起きているのは わたしだけ
みんなみんな がったんごっとん
上を向いて 横になって 
もたれかかって 崩れ落ちて
ガッタンゴットン 眠ってる
親子でぽっかり開けた口 
けわしい顔のおばあさん

ガッタンゴットン がったんごっとん
列車は 小さな駅についたけど
人の気配も 何もいない
きっとこの町も 眠っているんだ
駅のベンチも 電柱も 郵便局も 犬も毛虫も
世界は 昼寝の時間なのだ

ガッタンゴットン がったんごっとん
新聞を手に持ちながら
扇子を握りしめたまま
ガッタンゴットン ゆっくり揺れる

みんなが眠っているうちに
わたしはこっそりあだ名をつける
ひげもじゃキュウリ
ハイソックス少年
バーテンみよちゃん
ペンタごん

ガッタンゴットン がったんごっとん
眠っている人たちは
幸せそうに見えるけど 不孝にだって見えるのだ



深いしわの おばあさん
リクルートスーツの大学生
赤ん坊を抱いたお母さん

窓の外を眺めながら わたしは思う
わたしは 誰かのためを思うふりをして
結局 自分のことを思ってるんじゃないかしら
ガッタンゴットン がったんごっとん
わたしの感情はいつもどこか 
小さな罪につながっている

どこまでも続く このトンネルを抜けたら
窓のむこうに 海がひろがってるといいな
ずっと遠くに 小さな船をみつけられるといいな
山の斜面に 段々畑が並んでいるといいな
稲穂がいっせいに風に揺れる瞬間を みれるといいな
太陽が沈む直前の 世界が黄金色に輝く瞬間を みれるといいな
 
みんなが眠っているうちに
消えてしまう一瞬を みつけられるといいな

どこからか みかんの香りがしてくる
誰かが 目をさましてしまった

T h a n k   y o u   s o   m u c h

ynakayama1118

F r o m   

T o k y o  C o p y w r i t e r s ’   S t r e e t

w i t h 

井 田 万 樹 子



004.gif
 

by ninja9rs | 2012-05-04 12:17 | Tokyo Copywriters | Comments(0)