カテゴリ:2006出雲Bike・巡礼旅( 6 )

2013年 07月 16日
♪♪ 旅にありがとう(出雲編)

category

2006Bike


a0068035_23331067.jpg

a0068035_18235748.jpg

a0068035_182571.jpg

a0068035_18253583.jpg

a0068035_1855559.jpg

a0068035_18254683.jpg

a0068035_18572167.jpg

a0068035_18242643.jpg

a0068035_18273623.jpg

a0068035_18274672.jpg



想い出は、鮮やかな記憶 消え去る事はない

忘却無くして 人間は生きて行けない

天秤にかけることは断じて

俺はしない




I  am  here

a d i e u

    ....... 
                           .......          

                                                      B y    シ ゲ     004.gif    059.gif

by ninja9rs | 2013-07-16 23:24 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(0)
2006年 05月 06日
♪♪ 出雲ツー後日談
何故?出雲へ・・・
もちろん・・・・?
神話と伝説に彩られた国?
・・・だからです。

もちろん出雲大社が≪縁結びの神≫&≪福の神≫なのは、
とっても重要な要因であった事は言うまでもないのだが・・・・。

いつもの如く、走り続ける旅になってしまったようだ!!
松江におけるテンションの下がり具合は、今回のツーに於いては大きな誤算だったと言える。
まぁ・・こういった事は、えてして実際足を運んでみた後に分かることであって・・・。
最初から分かっていたなら、それなりに対処もできる話ではある。

宿に関しては、やはりシーズンインだと厳しいものがある事を再認識した旅であった 笑!!
目的地から離れれば離れるだけ、Keepし易いのだが・・・・。
キャンパーでも無い限りは、前もって宿をKeepする事に最優先順位をおく!!
それこそが余裕のある旅の有り方なんだと感じた旅やった。
・・・って今頃、納得してもなぁ~(爆。。。。
だって今までに、前予約して走ったの1回だけやったしさぁ~

それよりも何よりも、選択肢が少な過ぎるように感じた (笑)。
これからはきっちり前もって宿も取り、とにかく行かなきゃぁ~ではなくて、
もっと計画的に・・・走り続けられれば・・・と考えています。

何はともあれ、相棒ZX-9Rに感謝 (^0^)!

『次も頼むよ!』

さぁ~て 次は何処に行こ~か?!!


by ninja9rs | 2006-05-06 21:35 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(7)
2006年 05月 05日
♪♪ 無事を祈って
a0068035_10174398.jpg

出雲日御碕灯台

東洋一を誇る・・・らしい。
一体何が東洋一なのか?
石積みの灯台として、東洋一なのだそうだ。
ちなみに43.65m!
海面から灯台までは高さ63m、内部はレンガ造りの二重構造になっている。
世界の灯台100選にも選出されており、白亜の灯台として名を残す。

出雲大社を通り過ぎる事・・8キロ、R29号線を真っ直ぐ行くと視界が一気に広がる。
バイクライダーは、何処にでも存在する 笑!
ゴキブリじゃぁ~ねぇ~・・・って、
言うてない、言うてない、誰もそんな事言うてないし・・・(爆。。。
もう此処にたどり着くまでに、どれだけピースを繰り返しただろうか?
まだまだ捨てたもんじゃぁ~ないのでは?と認識を改めたっす・・ハイ!!

とりあえずは最果て・・・
これ以上は、海が邪魔をする。
雲ひとつ無い、突き抜けるような青い空・・・
それを鏡に反射させたかのような、そして深い味わいをプラスさせた紺色の海・・・
全てが癒されていく・・・そんな気にさえなる。

露天では焼きイカ&サザエのつぼ焼きがG~oodみたいやね。

海原を かきわけ進む 船舶に 送り届けよ やさしい灯り 

 by シゲ

それが灯台本来の役目、現役を退いて尚その雄姿・・・輝きを増す!!

a0068035_10563095.jpg

約束のメロディーここで入ります~

060.gif 幸せそ~な~ 人々たちと~
 岬をまわる~  一人で僕は~
 砕ける波の~  あの激しさで~
 あなたをもっと~ 愛したかった~
  
 岬めぐりのバイクは走る~ 僕はどうして生きて行こ~

 悲しみ深く胸に沈めたら~ この旅 終えて町に帰ろ~  

WeekEnd  『 岬めぐり 』

以上です 笑。

この灯台を見ていたら・・・
何ら弱音を吐いたことが無かった父を思い出してしまいました。
此処に何時でも居るぞ~って語りかけてくれているような・・・そんな気になった。
やはり俺にとっちゃぁ~
でっかい存在やったって今更ながら・・・・!! 

最果てを やさしく包む 存在に 重ねるが如く 今は亡き父 

 by シゲ 

さぁ~て今来た道、戻る旅が始まる。
だから・・出雲大社まで戻らないとダメなんよね 笑!!

山陰道宍道から上がり、やはり高速エスパーになった気分でひたすらワープ?
日本の何処にいようと走り続けてさえいれば、否が応でも帰り着く・・・・。

無事に帰りつく事も大切な目的の一つ・・・・。

さぁ・・気合入れなおして家路につくぞ~!!


by ninja9rs | 2006-05-05 11:26 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(2)
2006年 05月 05日
♪♪ 八百万(やおよろず)の神々達
a0068035_727083.jpg

出雲大社

『古事記』 『日本書紀』 『出雲風土記』etc・・・・
ヤマタノオロチ伝説 国引き伝説 因幡の白兎伝説etc・・・
2礼4拍手1礼(今やほとんどの神社が2礼2拍手1礼なのに対して・・・)
10月は神無月(毎年陰暦10/11~10/17迄の間、巷には神不在)と呼ばれる・・・
(ここに八百万の神が集う)

古代は当然の事ながら、一夫多妻制
ヤマタノオロチ退治で知られる スサノオノミコトの子孫 大国主命は、80人兄弟で末っ子だったと・・・雑誌で読んだ。
(心根の優しい、今で言うイケメンだった・・・らしい?!!)

大鳥居前にて!!

燦然と 立ちはだかるは 大鳥居 そのスケールに こころ奪われ 

by シゲ

a0068035_752353.jpg

松の参道入り口にある大鳥居
手前左下
『オイコラ・・これから観光客で溢れようかっちゅう時に、地面掘り起こさんとってやぁ~』

暑かった~
確か・・24℃程になっとったんとちゃうかなぁ~
思わずジャケットを脱ぎ、半袖になった俺なのであった 笑。

参道真正面を横切る、この道路に関しては言わずもがな状態で・・・・

『お~ぃ・・車でおしくら饅頭やってんじゃ~ねぇ~』(爆。。。

『こらぁ~今度はバスかよ・・!!』

『道路幅・・せめて十二間ぐらいにはしようぜ!』(笑)

神々も知ってか知らずか・・・
ひょっとして、お昼ね?
ハハッ・・大渋滞してますョ~。
動かざる事山の如し・・・!!

いやぁ~さすがに出雲大社 スケールが違うなって感じです。

a0068035_843467.jpg

しっかり観光客になりきっている俺・・・
a0068035_832310.jpg

a0068035_210052.jpg

奉納神楽もやってた・・・あまり良く分からない自分に笑ったね!
境内は広すぎる程・・・広い アハハッ・・・なんやねん!!
真正面に見えるのが、神楽殿の注連縄。

「拝殿より大きく、日本一と呼ばれる。参拝者が注連縄に向かって下からお金を投げる
 お金が刺さると神々のご利益がある」・・・らしい。

マ・・マ・・マジ?っすかぁ~!!
死ぬ気で頑張らしていただきます (爆。。。

a0068035_815522.jpg

投げたがな・・
死ぬ気で投げたがな・・
10回目でやっとこ刺さったぜ~
此処ぐらいだろうなぁ~
地面に小銭が鬼のように散乱していても、知らぬ存ぜぬバリバリの無関心エリヤっちゅうのは・・・笑!!
(バイクの限定解除試験回数を越えたな・・・?!!)
ちなみに5回やった・・・って、アハハッ・・意味不明?
やりだしたら後へは引けない、刺さり続けるまで投げ続ける観光客 客 客!!

『頑張ってねぇ~!』

三脚がクラッシュな為、撮って撮られて・・・つかの間の一期一会?なのだろうか!
やっぱり三脚がないとダメやねぇ~
やっぱりセルフタイマーがええ 笑
その壊れた三脚は、帰りの岡山道にて供養しました。
(ゴミしてしまいました・・・お許し~)

旅が終わり落ち着いた時点で、また同じ三脚を買い揃えようか思案中!!

しかし一体全体、俺は何時ご飯を食べているのだろう?

『神様、何も食べなくても生きられる方法を教えてください・・・ませ・・ませ・・!』

“遥か悠久の時をこえて・・・”そんなセリフが似合う。
縁結びの神&福の神としても良く知られた出雲大社!
アハハッ・・当然の如く、前者でしっかり願ってきたつもりではありますが・・・・ね 笑!!

注連縄に 願いを込めて 投げ上げる 刺され刺されと 我を忘れて  

by シゲ

大社を行過ぎて8㌔ほど・・・・
日御碕へと走る!!


by ninja9rs | 2006-05-05 08:58 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(5)
2006年 05月 05日
♪♪ ええ天気やなぁ~出雲日和?
a0068035_053793.jpg

出雲ドーム

遠くから見える、出雲ドーム。
1992年open、日本初の木造ドーム・スタジアムです(アミューズメント・スタジアム)。

いままさに 浮き上がらんと 時を待つ 白いドームに 冴えわたる空  

by シゲ

話は変わるねんけど・・・
寝床なんやけど、ピックアップしておいたビジネス・ホテル10件中9件目までコールドゲーム
でさ~!

『おぇ~ヤバイやん・・マジかぃ・・』

『寝袋は、できれば使いたかねぇ~』

『でも無かったら、仕方ないやろがぁ~』

・・・っと、またまた神々の声が聞こえた・・・気がした(爆。。

JR出雲市駅前で、地図を片手に携帯電話しまくっていた・・・俺!!
最後の10件目で当たりがでました・・・当選です・・・って、ちゃうがな、ちゃうがな 笑!!
一泊翌朝飯付きで、6000円弱&翌朝は和洋食バイキングと相成っております。
なかなかバイキングは良かったョ。

バイキングでビジホ格が決まる?と言っても過言ではない・・・・。
いやいや・・・結構な・・ビジホ通で・・ありがとう ・・褒めていただいて光栄です~ 笑!!

『誰も褒めてないっちゅうねん!!』

バイクを給水タンクの配管にワイヤーかまして、目立たぬようにカバーなんぞして・・・・

『さぁ~ちょっくら駅構内を見物させてもらおか~』

寝床確保したとたんに余裕を見せ始める俺って・・・・しっかり笑える!!

でもさぁ~宿決めてかかるとね、いきなりスルーするの気が引けるやん。

その町で泊まるところが無けりゃぁ~
隣町って手もあるしね 笑!!

飛び込みで 成立するほど 甘かねぇけど 捨てる神ありゃぁ~ 拾う神あり  

by シゲ

もう・・ほんま、強がる強がる。
しかし相変わらず、食生活に関しては貧相な俺でした。。。。

そやけど観光客多すぎやわ・・・って、

『お前が言うな!!』

・・・って事で、神々の待つ社へ
そして日御碕へ
向かいます!


by ninja9rs | 2006-05-05 01:02 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(0)
2006年 05月 05日
♪♪ 絶え間なく・・・あくびが!!(オイオイ今回もかよ!!)
a0068035_10311865.jpg

a0068035_10322474.png

a0068035_1033364.jpg

a0068035_22341552.jpg


200653GWeek

午前6時起床・7時出発(^o^)!!
第二神明~加古川バイパスetc~姫路ジャンクション~播但連絡福崎~中国自動車道路~

落合ジャンクション~米子自動車道~山陰道東出雲~山陰道宍道~R9R161~至る出雲大社へ

いやぁ~もぅ~ほんま、眠いの何のって 笑
いくら寝ても、いくら寝ても、いくら寝ても・・・寝たりまへ~ん(爆。。。

・・・って事で Let's Go です


a0068035_187776.jpg


・・・って事で、いきなり島根県に突入してしまいました 笑

年甲斐も無く、ライダーズ・ハイにて

『スピード・・出し過ぎやろ~』

どうでもええけど・・・・雲のかけら一つないやん
アッ・・遥か彼方の山のてっぺんに、雲のかけら見っけ 笑

午前11:00前に、松江に着いたけど
なんかね・・俺個人の感想なんやけどね・・イマイチしっくりこない雰囲気なんやったんよね
(・・・って、どんな雰囲気やねん)

宍道湖を実際に見たのは、今日が初めてやったけど
う~ん~何かね・・ある意味、比較にならないけど・・・近畿にだって琵琶湖がある
って思ってしまってね 笑

『だったら、最初から行くなョ』って

『来てしまったものは、仕方が無いやろ・・』

なんて自問自答を繰り返している間に

完全にスルーしてしまいました・・・とさ

アハハッ・・のっけからスクランブル状態に陥ってるやん
(松江のみなさん・・申し訳ございません)

こんな状態に陥る要因

1.ソロ・ツーリングであるが故の我がまま
2.キャンパーでも無いのに、旅先での予約皆無
3.目的意識が稀薄&言う割に想い入れが足りなかった

そんなこんなで、神々の待つ出雲へ

いざ行かん 神々の待つ 出雲路へ 願いたずさえ しばし旅人  

by シゲ


オッ .. とその前に、東出雲で寄り道です


a0068035_23483822.jpg


史跡富田城跡

神々の国 出雲に於いて、戦国初期 中国地方を制圧せんと欲する尼子一族の居城
毛利元就との知略戦に破れ・・・つわもの共が夢のあと

たかだか200m弱の山なんやけど、本日のいでたちがどうしょうも無かった 笑
ライダー皮パンにブーツ・・・ミスマッチもええとこやね・・マジで
ブーツのかかとの安否が最大の関心事になってしまって
デジカメで写真を撮るなんて・・・諦めました・・です 

やっぱり、そこそこ高齢のご夫婦がゆっくりと上っていかれたのが印象的やったな
若者はあまり関心が無いのだろう・・・なんて考えながら
ただひたすらブーツのかかとを確認していました

城跡に 思いをはせる 戦国の つわもの共が 見た夢や如何に

by シゲ


その後、山陰道の人となり・・・

一路、神々の待つ出雲へ


a0068035_0253337.jpg


JR 旧 大社駅


a0068035_0283583.jpg


ZXー9Rをそろりそろりとプラットホームへ
あまりに静かで、一瞬時間が止まってしまったのかとヒヤヒヤ


a0068035_0285678.jpg


そうそう・・・
この後、そんなに時を経ずしてカメラの三脚が壊れるなんて事
誰が予測できたでしょうか

って、あれだけ過酷なパッキング状況?なのにね(使用状況では
・・断じて無い 笑)

『バリバリ予測できたやろがぁ~』

っと神々の声が・・・したかもしれない アハハッ


a0068035_19504443.jpg


若い女の人達3人が線路づたいに、目の前を通り過ぎていく
映画の1シーンを思い出し、はしゃいでいるのだろうか
それとも・・ただ野ざらしになった線路が物珍しいの


a0068035_037115.jpg


内部はこんな感じになっております
すっごくレトロチック

廃駅に やさしい匂い しみこんで ロマンとレトロが ほほを過ぎ行く

by シゲ



a0068035_10103931.jpg

一体これは何だったろう
壁に掛けてあった能書きは目視したのだが
それが脳に連絡されていたのかどうか、心配やったが 笑
軽い認知症のようだ (世間ではド忘れとも言う)


a0068035_0401187.jpg


はっきり言って、誰がどう見ても寝ているとしか思えません
そうです・・・少し眠ってしまいました 笑!!

060.gif 夢で~逢いましょう~

しかし出雲まで来て、居眠りかますたぁ~

 いねむりしたのね~いつか~ 神様のささやき 聞いて~ (爆

いやいや・・・ここ単なる駅だから・・・

寝ていては 話にならぬ 願い旅 さっさと起きて 振り向かせなきゃ~ 

by シゲ



a0068035_2011170.jpg


現在でも稼働中の出雲大社前駅の中の雰囲気は・・・こんなです!!
a0068035_14321626.jpg

a0068035_1095945.jpg

a0068035_101232.jpg

2006. 5. 3 (THU) 058.gif sige

I  am  here

a d i e u



004.gif


by ninja9rs | 2006-05-05 00:47 | 2006出雲Bike・巡礼旅 | Comments(4)