2005年 11月 24日
♪♪ 中原中也を訪ねて・・第一日目
8月18日(日) <晴れ>

さてさて・・・4連休の始まりである。
・・・って、いつの話やねん 笑!!
うん・・だいぶ前,かなり前,さらに前,記憶の彼方・・・(爆。。
旅は2泊3日になってしまいました。

・・・もちろん計画はバッチリとはいかないまでも、OK。
後半はやはり、出たとこ勝負になる事は必至である。
当年・・・歳の俺ではあるが(確か20ウン才やったで!)、
ツーリング前夜はやはり気持ちがはやる。
眠れない夜になるのだろうか?!!。


(旅立ちの前日に記載したもの)

8月19日。月曜日。<快晴>

目が覚めて時計を見ると、午前8:00。
準備は前夜のうちに揃えておいたので、いつでも ready go//
いつも思うのは、この旅をなんとか無事に・・俺もバイクも終えられたらな・・・。
はやる気持ちを押さえ、バイクを蘇らせる。
お前もfight ok let's go!!!。
R43号線⇒R171号線⇒阪急沿線北上⇒中国縦貫自動車道路 宝塚ICを目指す。
いつも走り慣れた道を、今日は少し違う気分で走る。

しかし本当に暑い。
Tシャツの着替えは8枚位だから十分であろう。
中国自動車道が見えてきた・・・。午前9時である。
余談ではあるが、ここ宝塚はなかなか良い土地柄ではある。
雰囲気も良いし、土地名も気に入っています。

中国縦貫に入ってからは、ただもう・・・できるだけ遠くへという気持ちがアクセルを支配する。
但し、BLACK & WHITE(パト)とネズミ捕りには・・細心の注意が必要なのは言うまでもない。
目の前の景色が一瞬の後には、もう遥か彼方に流れ去る。
俺の心はと言うと勝手なもので、既に目的地に飛んでいる。

お気に入りの矢沢永吉の唄が、口をついてでる。
LONELY WARRIOR” “DON’T WANNA STOP” ・・・できるだけ遠くへ!!。

ガソリンはトリップメーターの数値が200キロを越えたあたりでSAを探すとしよう。
まだ後、350㌔以上かな・・・早くも喉の渇きを覚える。
さぁて・・次のSAは勝央、冷たいジュースが飲みたいよ!!。
バイクを置いてレストハウスへ・・・。
盆の休みを一週間延ばしたというのに、何でこんなに人が多いんや・・と、
ひとり言をつい言ってしまいたくなる。
バイカーとしばし談笑する。
此処につくまで対向車線を走っているBIKEツアラーを幾度と無く見たが、
誰に強制されるでもなくお互い右手を振り上げている。

そして・・・ピース!!。

これだけは自由なる者の証なのではないか・・・。
人間、年々老いて行くがしかし、いつまでも忘れずにいたいし、
次の世代にまで残していかなければと思ったりもする。
ちょっと大袈裟かもしれない。
ちょっとキザかもしれない、だが見知らぬ者達との連帯感、
そしてお互いの旅の無事を祈って止まない気持ちに・・・俺は乾杯したい。
もちろんジュースで・・・!!。

ガスの方もそろそろ気にかけないと・・・。
SAであった黒の限定解除のライダーさん、九州で友達に会えましたか?
偶然、君も神戸の中央区からでしたよね。

限定解除の話は,本当に俺にとっては為になったし・・・勇気もでましたよ。
頑張って取ろうと思います。
(・・この出会いがあってから、限定解除に挑戦し5度目にして取得)。
彼、26才だったかな?
( 俺は・・その当時・・・?彼と変わらない位に!!・・確かに若かった!!)。
いつまでも走り続けましょう。

距離計は280キロを示している。
そろそろ七塚原SAが見える頃である。
このSAはたいした事はない・・・。
何がたいしたことがないのか?・・・雰囲気・・・がいまいち!!。
・・・とはいえ、昼飯にするとしよう。
朝出がけに買ったボリューム満点のハンバーガーを2個、味わいながら食べる。
BIKEにも腹一杯食わせた後、気合を入れ直して ready go!!。

現在午後1:30分 ただひたすら走り続ける。

“Don’t wanna stop” “転がり続ける Don't Wanna Stop” E.YAZAWAの唄の一節である。

現在午後3:00分 やっとの思いで山口ICに到着!!。
山口ICを下りて、右は湯田温泉行き、左は防府行きである。
迷わず湯田温泉に向かう。R262⇒R9を経る。

湯田温泉は何んと言っても、あの青春の詩人“中原中也”の誕生の地でもある。
今宵の宿であるが・・・。
何処に行っても、観光案内所なるものが必ずある。
これは一人旅の旅行者には重宝なもので、今日の宿の心配は無用であると知った。
けっこう話も弾むし又休憩所としてもいいんじゃぁ・・・ないかな!!。

今日の宿はビジネスホテル“富士の家”。他に民宿etcも空いてはいたのだが、
今日はずっと・・このまま、どうぞ・・このまま、自由に気ままにしていたかった。
さて地図を貰い行ってみれば、これがなかなかの造りで・・・。
パンフを読んでいると各室以外に大浴場なるものもあり、早々に入りたい欲求に駆られたのは言うまでもない。
フロントで明日の朝食を予約し部屋に荷物を置く・・・・。
全身を心地よい疲労感が支配するのがわかる。

現在午後4:00分 風呂に入る(室内)。
ゆっくりと疲れを癒した後、湯田の街を散策そして晩飯にあづかる。
高田公園の中にある“中原中也の詩碑”の前で通りがかりの叔母さんに写真を写してもらう。
(・・・当然デジカメなぞあるはずもない・・笑)。

a0068035_18431884.jpg

・・・と言いつつも、マクロで取り直してるから・・もうボロボロ・・まぁこの程度ですわ (爆。。。

“ これが私の古里だ さやかに風も吹いている 
  あぁ お前は 何をして来たのだと 吹き来る風が 私にいう 
” (中也詩碑より 帰郷)

みやげ物はやはり焼き物で・・急須と茶碗、そしておかきを買っておく・・・。
ホテルに戻って今度は大浴場で心いくまで浸かって、後は缶ビールで酔うつもりです。

BIKEにひとまず有難う。
ついでにGoodーNight///

消灯午後11:00分  

by ninja9rs | 2005-11-24 20:05 | 1991.08 湯田温泉touring | Comments(2)
Commented by ホヨヨ~ンママ at 2005-11-25 10:33 x
中原中也って?詩人なん?
どんな詩書くのかな?
あんまり知らんねん…。
シゲちゃんは、詩を書くのがうまいから、色んな詩人を知ってるやね。
ホヨは「金子みすず」と「相田みつお」が好きやねん。
相田みつおの詩も好きやけどあの人の書く字体がもっと好きや。
詩集も売ってるけど…高いやろ(笑)
Commented by ninja9rs at 2005-11-25 17:39
やったね・・ホヨ~やんか!!
今、ちょっとパソコン・・仕事で使ってたねん。月一回だけやけど・・・。
まだ途中やねん。やってられるかっ・・・って事で、こっちきました 笑。
このツーレポ?自体がけっこう古くてね。
そう言う頃があったって事です。
なので今はもう名前ぐらいしか覚えていないです。
そうそう伊藤静雄と言う人も気に入ってました・・もちろん詩人と呼ばれる人です。

>ホヨは「金子みすず」と「相田みつお」が好きやねん。
すまぬ・・存じ上げないよ~調べておきますね。
ハハッ・・・人はみな何かしら詩人ですよ。
なので、ホヨ~もまた詩人なのではないでしょうか!!。

でも思うに、俺はホヨ~ほどパソコン操れません・・・。
ホヨは偉い・・・。
今度教えて・・・って、軟弱な事言うとおし 笑。。
やっぱ・・時間がないから、教わったつもりになっとくな 笑。。。


<< ♪♪ 酒場にて・・       ♪♪ 勤労感謝の日 >>